人気ブログランキング |

<   2006年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

OCS by まっさん

一昨日、ベンとOCSで会う約束をしていたが、僕の仕事が片付かずにキャンセルしたので、今日は、OCSに行くことにした。

僕が到着した時にはベンとイーワンが垂壁を登っていた。垂壁は工事中のはずだけど、なぜか手付かずみたいだったので、僕も黄色四角を奥まで登る。

次に何を登ろうかと探してみたが、奥には僕が登れそうなルートが他になかったので、A壁側のルートを見てみたが、初めてみるルート&ホールドであるのと前のテープの剥がし忘れや設定中のルートもあって、何をどう登ってよいのか、よく分からない。

取り敢えず、A壁スタートの無名のガムテープ(試作中?)にトライする。これは、C壁までは以前のガムテープより簡単だったが、トンネルの手前の一手が悪くてフォールした。この手前からやるとなんとか通過出来るが、初めから通してやるとシンドイ。ベンも2回やって、2回とも僕と同じところで落ちた。ホールドを持つ左右の手を入れ替えると登り易くなったが、バランスが悪い。
僕のレベルなら、ここまでセーブして来て、一気に突破が正解だろう。しかし、これで一番簡単なら、相変わらず厳しくなりそう・・・。

そのあと、ベンがA壁スタートの緑のデカテープを足自由でトライしていて、僕も勧められたが、七十数手もあって、オブザベだけでも大変なので、今日はパスした。

それから、トンネルの出口からスタートの5.10dを発見して取り付いたが、B壁を這い上がって
トラバースしながら少し降りるとこでフットホールドが見つからず、力尽きてフォ-ルしたが、ここまでも結構難しくて、僕にしてはOSで、よく登れたと思った。

B壁を直上した一番上の左手のホールドは旧ルートのテープの剥がし忘れと聞いていたので使わなかったが、本当はこのホールドは使うべきだったと気づいて、B壁に這い上がるところからやり直して、3トライ目で終了点まで登る。旧白青5.11aとタイプは違うが、難しさからするとちょっと簡単かも知れない。自然壁なら5.11bはあると思うけど、それで、5.10dなんだろうと思った。

最後に5.10dをスタートから登り直そうと思ったが、パワーもなく、C壁でフットステップを見失って、the endとする。
by rokko_club | 2006-08-31 23:06

パンプ by まっさん

今日は、先週の土曜日に続いてI坂さんとパンプに行ってきました。今回はベンも参加です。

僕はトップロープをセットするのも兼ねて、5.9→5.10a→5.11a(ビッグウエーブ右の水色OS)→5.10a→5.11b(ビッグウエーブ右の茶色矢印OSトライ, but2テンション)→5.11a(ビッグウエーブ左の緑OSトライ、but あと2手でフォール)→5.10a→5.10c→2Fのボルダリングエリアでピンクから赤まで10本くらい登ってお開きとして、梅田に移動して3人でプチ宴会しました(笑)
c0014295_1945767.jpg

     (順序は逆ですが、プチ宴会の写メです、これがクライミングの一番の目的かも?笑)

I坂さんとベンは果敢にリードクライミングにもトライされていました。
c0014295_18432827.jpg

           (20年以上も登っていなかったのに2週目でここまでリードのI坂さん!)

一方、僕はもうちょっと登れるかと我ながら期待していたのですが、5.11aのオンサイトでは、登れたものの先週別の5.11aや紺色5.11bをOSで登った時ほどの余裕がなかったので、やばいかな?と思っていたのですが、案の定、5.11bでは、最後のハング越えの直前で、ヌンチャクを掛けそこねて、かなり粘って回復させようとしましたが、結局は、テンション。それで一日が終わっちゃったみたいです。3日前のOCSでの奥壁へのトライも響いたかのかも知れませんが、まぁ、ヘボいのは事実、仕方ありません。しかし、グレードなんか、どうでもいい!楽しかったぁ~です(笑)
c0014295_19473954.jpg
   
     (友達がオーストラリアから来て2週間登っていなかったベン、しかし、頑張りました!)

パンプ滞在時の最後の方で、T田さんからビレーを頼まれました。彼女がビギナーだった時以来、十?年ぶりのビレーでした。Time flies ですね・・・。

Enjoy your precious life!
by rokko_club | 2006-08-27 18:40

OCS by まっさん

久しぶりにOCSに行って来ました。ホールド交換中ということで、あまり登れないとは思っていましたが、スケジュール的に今週はこのタイミングしか行ける日時が無かったので、またまた仕事を後回しにして、行くことにしました。

今日はB壁のホールドの交換中で、AからC壁間は全く登れない状態でしたが、垂壁はまだ変更されていなかったので、黄色□を往復してアップとしました。そのあと、垂壁のビギナーコンペルートを登りました。これは最後の方だけ少し難しく設定されていました。5.8くらいかな?と思いますが、OCSの尺度なら5.6くらいでしょうか?その後、ホールドが変わった奥壁へ行く黄色□を往復しましたが、これは以前のものより容易に感じました。垂壁の登っていないルートにトライしてもすぐにホールドが変えられるので、奥壁に行きました。変更されたばかりの奥壁エリアでは、ミドルコンペの2番が一番易しそうに見えた(ネーミング的にも)だったので、取り付きましたが、メチャメチャ難しかったです。前に同じような位置にあった白黒→5.11d/5.12aより遥かに難しいと思いました。あとから来られたT口さんとこのルートの最終の傾斜部分をトライしましたが、ここだけやっても抜けきることすら出来ませんでした。あとでスタッフの人に聞くとコンペでは傾斜部まで行けた人はいなかったそうです。マスターの人がトライしても傾斜部で落ちたそうです。もうちょっとネーミングに合った難易度にして欲しいとお願いしておきましたが・・・。

登ることろがないので、T口さんと僕の二人合わせて120歳(?)コンビで、奥壁傾斜部分をホールドなんでもありで登り合いしましたが、二人とも最上部まで抜けれたのは1回ずつだけでした。しかし、何を使っても良いのに登れないなんて、先が思いやられます・・・。
c0014295_14103114.jpg

 (ハング部分のホールド交換中のN貝さん。このあと、このハングはほとんどまる裸に・・・)
by rokko_club | 2006-08-24 14:14

ロックオン & バンド by まっさん

ロックオン
前日パンプで登りましたが、夏休みが終わり、また仕事が忙しくなって、あまりロックオンに行けなくなるかも知れないので、午前中、仕事を後回しにして、ロックオンに行ってきました。

5.8、5.9を往復してアップを済ませ、前週、あと2手まで行った5.11aにトライしました。しかし、今回は、あと1手でフォール。その後、このルートの後半2/3だけ完登したり、コーナーでレストの練習をしてから、再度5.11aにトライしましたが、1回目ほどは登れませんでした。前日パンプで7本登ったせいか?やはりヘボいのか?5.11aのこの日の完登を諦めて、白黒5.11bにトライして、3分割で登って帰りました。

ところで、僕の少ない経験(自然岩のRPの最高グレード5.11bc)からですが、体感した5.11aの難易度(自然壁、人工壁のパンプ大阪、OCS、ロックオン)はだいたい次の順番です。
パンプの5.11a=or<自然の岩場の5.11a<ロックオンの5.11a<OCSの5.11a
(但し、自然壁のクラシックルートの5.11aはロックオンの5.11aと同じくらいかな?)


バンド
ロックオンでのクライミングのあと、夕方から心斎橋のスタジオでバンドの練習があったのですが、僕が出掛ける前に僕の自宅周辺に豪雨が降り、マイギターを持って行けませんでした。

今回は3年ぶり(僕の話はxx年ぶりが多い、笑)にバンド演奏に参加するというキーボードのOさんが参加されるというので、ピアノ曲のレット・イット・ビーとヘイ・ジュードを急遽課題曲に加えました。あとスモーク・オン・ザ・ウオーター、ホテル・カリフォッルニア、ファンキー・モンキー・ベイビーも演奏しましたが、現場で急に言われてほとんどの曲で歌を歌わされた(ギター弾きながら歌うのは難しい)のと、慣れない貸しギターのチューニングが狂い易かったのと、2日続けて登ったせいで指が動かず、ギターは前回より下手な演奏となりました。

キーボードのOさんは、本当に3年は弾いていなかった感じですが、徐々に慣れて、練習の最後の方は、立派にパートを受け持って下さっておりました。キーボードが入ると演奏に厚みが出て助かります。

それにしても、ホテル・カリフォルニアのあのややこしい前奏のアルペジオを弾いて、歌に入る瞬間に7フレットのカポを外して、2フレットのBmに移って、コードを弾きながら歌って、歌い終わると同時にエフェクターとギターのピックアップを切り替えつつボリュームを上げて、あのメチャ長いリードギターのソロを弾くのは、なかなか大変です。

ギターをおやりでない方は形だけでも結構です。曲を流しながら、一度、試してみて下さい。小川山の細かなフェースルートを登った瞬間に鳳来か備中の前傾壁に移り、これを英語の歌を歌いながら登り終えるや否や名張のクラックルートをずっと登るみたいな感じです(笑)。勿論、ギアーはすべて交換です。ブチ切れなければ、ボケ防止になると思いますよ(笑)。
by rokko_club | 2006-08-21 08:15

パンプ by まっさん

パンプに2ヶ月ぶりくらいに行ってきました。同行者がリードクライミングは超ひさしぶりの方だったので、まず、5.9 5.10aを僕がリードして同行者にトップロープで登って頂きました。続いて、 5.10c 5.11a(ビッグウエーブ右OS)を僕が登りました。その後、同行者が5.8をリードして、最後に、僕が5.11b (ビッグウエーブ右OS)、10a 5.11a(ビッグウエーブ左OS)を登って終了しました。

ところで、ビックウエーブの5.11bがオンサイト出来たのは初めてでしたが、グレードが甘いような気がしました。2ヶ月前に登った同じような位置にあったホッシーの5.11aの方が難しかったような気がします。それとも8日間で5日間登ったあとの5日間のレストが功を奏したのでしょうか?ちょっと怪しい感じがしますが、素直に喜ぶことにします(笑)。
by rokko_club | 2006-08-19 20:15

ロックオン by まっさん

先週の日曜日の保塁岩以来、毎回、短時間とは言え、8日間で5日間も登っているので、腕はヨレヨレなんですが、リニュ-アルされたロックオンに今日も行ってしまいました。登る前から疲れているので、普通にアップしていると登れなくなる恐れがあるので、5.11aの後半を登ってアップ代わりとする。ここだけなら登れるが、初めから続けると登れないのが、ボク。20分間レストしてから5.11aにトライするが、あと2手でフォールしてしまう。コーナーのトラバースがいやらしいので、ここを繰り返し練習した。アンダーホールド1個をスキップして登ったら、割りと楽な感じがしたので、また20分間レストしてから5.11aにもう一度トライする。今後は、多めにレストをしながら登って行くが、連日のクライミングのせいか?ヨレ感が抜けない。結局、トラバースがスムーズには出来ず、後半に入ってすぐにフォ-ルしてしまった。もう今日はこれ以上はダメだろうと思って、5.8、5.9、5.10aを往復していたら、スタッフのH田くんが降りて来たので、昨日全然登れなかった5.11bの核心部分の三日月の所の登り方を教えて貰った。登りを見てもらいながら、何度かあれこれトライしているうちに核心部分が越えれるようになった。しかし、昨日なんとか2分割で登れた5.10dは今日は核心部分からだけでも登れなかった。これは、ボクには5.11bくらいの感じがした(苦笑)
by rokko_club | 2006-08-13 13:46

ロックオンのリニューアル by まっさん

ロックオンがリニューアルされました!

c0014295_18182559.jpg

             (2階の受付前にはクライミング関連商品が並んでいます)
c0014295_1820140.jpg

     (2階の受付横にもクライミング関連商品が・・しかし、Tシャツは非売品、その理由は・・・)
c0014295_1821172.jpg

                  (鳳来を意識した?大きなハングが出現!)
c0014295_18225162.jpg

      (大ハングを違った角度から見ると・・・これを続けて登るあなたは蝙蝠かヤモリか?笑)
c0014295_18275463.jpg
            (垂壁からのノーマルルートには5.8から楽しめます!)

ボクは垂壁の5.8→5.9→5.10a→5.10b→5.10b→5.10c→5.10d→5.11a→5.11bにトライしました。5.8から徐々に難しくなり、5.10cでちょっとヤバイ感じがして、5.10dで初フォ-ルして2分割で登り、5.11aは3分割で登り、5.11bは今日は完登できませんでした。相変わらずの見事な設定です。ハング下はボクには(今のところ)関係ないので、トライしませんでしたが、5.12d辺りが2本ありました。ルート数は幸い(?)まだ限られておりますので、腕自慢の方は、(ルートが増えてどうしようもなくなる前に)片っ端からオンサイトして自慢してみては如何でしょうか?(笑) そうそう、お盆休みも通常営業だそうです。
by rokko_club | 2006-08-12 18:18

押尾コータロ-さん by まっさん

ボクがギターを再開したというので、誘ってくれる人がいて、アコーステックギターリストの押尾コータロ-さんのライブに行ってきました。しかし、ボクは、ギターでもエレキギター派なので、押尾さんのお名前は知っていましたが、演奏はお聴きしたことがありませんでした。でも、「唖然」という言葉はこういう時に使うのか!と押尾さんの演奏を聴くなり思いました。ホント驚愕のテクニックに、ただただ驚きました!クライミングなら5.15~5.16のレベルではないでしょうか?曲の旋律を弾きながら、ベース音、ドラム音、その他の効果音が合わさったようなサウンドをたった1本の生ギターで奏でるのですから、ひょっとしたら、クラプトン、デュアン・オールマンも真っ青ではないでしょうか?あまりに複雑で完璧な音響は、ボクにはどうやって弾いているのか見当もつきませんでした。あと、ピアニストの木原健太郎さんとの協演も素晴らしかったです。ボクは、公演後、楽屋で押尾さんにお会い出来るのを知rらされて、慌ててロビーで買ったばかりのCDと楽譜を持参して、押尾さんにお会いして、サインまで頂戴しました(関係各位には深く感謝申し上げます)。押尾さんも木原さんもなかなかの美男子で、好青年でした(笑)。押尾さんからは、バンドをやっているとメンバーが揃わなくて練習出来ない事がよくあるので、一人で演奏を全部こなすようなったというお話をお聞きしました。僕らもクライミングだとパートナーが休暇が取れないとか、バンドなら、ベースがいないとか、メンバーが仕事で来れないとか、問題がよくあるのですが、今後は、文句を言うのは止めて一人でも練習するようにします(でもフリー・ソロクライミングは止めときますね、笑)。さて、この日のライブの内容は来週水曜日午後9時05分からMBS毎日放送ラジオで放送されるそうです。この日から夏休みに入ったボクは、朝から2時間ジムで登ってルートを継続するクライミングにチャレンジし、午後2時間スタジオに入ってハイウェースターを演奏して、自分なりに頑張ったと思っていたのですが、そんなことは全部飛んでしまいました。いやはや、世の中には凄い人がいるものです。
c0014295_810888.jpg

            アコギ(アコーステックギター)も弾きたくなりました!
by rokko_club | 2006-08-11 08:09

六甲保塁岩 by まっさん

六甲のクラシックエリア、保塁岩に行ってきました。

僕は西稜正面左ルートⅤ級+、西稜ハングⅤ級+、サラマン5.9、コズミック5.10aを登ってきました。僕の青春時代の思い出のルートばかりです。多分、18年ぶりの保塁でのリードクライミングでしたが、一応、全部、テンションもかけずに登れて僕は大満足でした。

c0014295_21354780.jpg

              (クラシックルートの5.9、5.10aは、なかなか良いですよ、笑)
by rokko_club | 2006-08-06 21:32

OCS by まっさん

日曜日に岩場に行くことになったが、2つ持っているハーネスを両方ともパンプに置いて来てしまっていたので、Oはたさん経由で、やまうちくんにOCSに預けて貰っていたので、取りに行く。

ベンとハーミッシュも来ていたので、僕が、まだ登っていない垂壁の5.10cにチャレンジする。しかし、OCSでは毎度のことながら、これがなかなか難しい。生岩なら5.11aと言っても良いくらいの5.10dが妥当じゃないかな?と思った。

疲れが残ったら嫌なので、他には、垂壁の5.10a、A壁の5.10aを登り、最後に5.11aから5.10aとつないでお開きとする。
c0014295_132355100.jpg

       (5.10cの終了点手前を登るベン、この左手を取るのが僕には難しいかったです)
by rokko_club | 2006-08-03 13:19