猿真似(ロックオン13)byまっさん

やまうちくんが、毎日コツコツ何百手と登っているのを聞いて、また先日のパンプで、その成果の片鱗(朝から400手のトラバースをして、指導で登ってみせて、最後の最後に5.12aを楽々完登)を見て、持久力に自信のない僕は真似をしてみました。

しかし、やまうちくんが言うように適当にガバを使ってトラバースというのは案外難しいので、ロックオンの5.7の往復からグレードを上げて行きました。

結果は、黒赤5.7(21手×往復=42手)→赤青5.8(15手×往復=30手)→青5.9(16手×往復=32手)→赤5.10bは12手目(12手から13手目は5.10+はあります)でフォールと以上116手でした。116手は行きましたが、途中でヘロヘロになり、やっと116手と言った方が正確でした。やまうちくんみたいに、200手とか400手とかをずっと登り続けるなんて、とんでもない気がしました。

小休止後、分割でしか登っていなかった新銀5.11a(28手)に取り付きましたが、核心部分で落ちてしまいました。いつもは時間がないので、核心手前から登り直して、お茶を濁していましたが、この日はスタートから登り直して、3回目で完登出来ました(笑)

次に、最新課題としている白黄12aに取り付き、1回目8手目でフォール,二回目は7手目でフォールでした。1回目はあと1手でハングを終えることが出来るところまで来たので、疲れていなければ、この個所は切り抜けられる目処がつきました。

最後にクールダウンで、やはり手数を多く登ろうと、今度は適当にガバホールドを使って、B壁→C壁→C壁→B壁→A壁→B壁→C壁と80手ほどトラバースしましたが、ここでかなり疲れて来たのと進行方向からクライマーが登りだしてきたので、降りました。それから、空いていた反対側にある薄被りのI壁に移動して、I壁→H壁→G壁に戻ろうとしましたが、この時点での僕には被りのトラバースは厳しく、I壁のトラバースだけで轟沈して、2時間15分の練習を終えました。
[PR]
by rokko_club | 2006-03-16 07:54
<< ユニクロ・クライミングパンツ   立場は人を作る (パンプ) b... >>