もう一つのバンド by まっさん

ベースのポンタくんがやっているインターフェースというバンドにベーシストとして呼ばれて練習に参加してきました。

課題曲、イーグルスの「ホテルカリフォルニア」「テイク・イット・イージー」「呪われた夜」が最終的に決まったのは練習の3日前でした。イーグルスが流行っていたころ僕はロックンロールやオールディーズばかり演奏していたので、「ホテルカリフォルニア」以外はよく知らなくて、慌てて、CDと楽譜をゲットしました。

「ホテルカリフォルニア」はうちのバンドでも課題曲なのですが、前回の練習では、僕はギターを弾いて、ベースはまったく練習していなかったので、まず、これから取り組みました。

この曲は歌と最後のリードギターが印象的ですが、ベースラインが複雑で、この曲の重厚さを支えていると言えると思います。しかし、三十数年ぶりにベースを弾く僕にそんな厚みまではとても出せなくて、それっぽく弾くのがやっとです。

「テイク・イット・イージー」はカントリーミュージックみたいで軽やかな曲です。コードが5つしかなく、適当にコードに合わせて弾けば、なんとかなると思ったのですが、1・3番の歌詞の部分、2番の歌詞の部分、ギターソロの部分のコード進行が、それぞれ微妙に違っていて、なんどやっても間違ってしまいます。

しかし、もう練習の2日前、「そろそろ『呪われた夜』の練習に掛からねば!」と思っていたちょうどその時にポンタくんから、ギターリスト骨折の知らせが入りました。何と、階段を踏み外して、転落して、鎖骨を折ったそうです。日常生活で骨折事故に遭うですから、怖いですねぇ~

これで、バンド練習の内容が、さっぱり不明になりました。先が見えなくなったので、それから僕は「呪われた夜」はまったく練習せず、他の2曲もそのままの状態で、ロックオンに行って課題を登ったりしておりました。

練習当日は、キーボードの方もなぜか来られていなくて、ドラムのポンタくんとベースの僕とボーカルの3人での練習でした。面識しか無かったボーカルの方に、僕は、音楽を昨年12月から再開したばかりだと言い訳をしたのですが、早速、「レット・イット・ビー」「心の旅」「ヘイ・ジュード」「メリージェーン」をギターで弾かされました。

ベースとしては「ホテルカリフォルニア」「テイク・イット・イージー」「呪われた夜」「チャイナグローブ」「スモークオンザウオーター」「スタンドバイミー」あとストーンズの曲も弾いたと思います。

「ホテルカリフォルニア」「テイク・イット・イージー」以外はボーカルの人が弾くギターのコード進行を見ながら、ベースを弾きましたが、ボーカルの人は、歌に夢中になると、僕が曲を知らないの忘れるみたいで、途中でギター演奏を止めて歌われるので、少々、困った時もありましたが・・・(苦笑)

この日はロックオンに行くのは控えていたのですが、二時間ベースかギターを弾きっぱなしで、
腕はヨレヨレでした。十分、クライミングを1日やったくらいの疲労感は腕や指に残りました(笑)

練習後、プチ宴会をやって、本日の反省と次回の課題曲や秋のライブにまで話しが発展して、お開きとなりました。ビックリするような展開に目を丸くした週末となりましたが、面白かったです(笑)
c0014295_0293726.jpg

                           (呑気に手を振るPontaくん)
[PR]
by rokko_club | 2006-03-08 00:25
<< 安全3 by やまうち 安全 2 by M >>