シエスタのトラバースルート by まっさん

ボルダー課題が多く難しいのがシエスタの魅力ですが、トラバースが5.10aと5.10bの2本しかないと寂しいので、ホールドの全面付け替えと、新作、マンスリーのボルダー課題作成で疲れていた耕平くんに無理を言ってトラバースルートを追加して貰いました。

5.10cはシエスタのブログに紹介されている通り、5.10aと5.10bからつなぐことが出来、改装前と同じ場所にあります。旧作と比べると核心部分が易しくなり、5.10cらしいかな?と思います。僕は5.10cを単体では1撃で登れましたが、5.10a、5.10bから3本つなげて登るのには3日x1,2回、掛かりました。

5.10d は『5.10a→5.10b→5.10cの連続が登れた』と耕平くんに報告したら、すぐに作ってくれました。5.10b のスタートと同じ位置からスタートですが、その後は、旧作と同じく、ハングを越えて140度に突入です。このハング越えの個所が難所です。その後のレストポイントもあまりよくなく、前半で疲れます。ハングを降りるところや後半は旧作よりは簡単ですが、140度で体勢を切り返したり、体をぐっと伸ばさないと次のホールドが取れないようなシーケンスとなっているので、なかなかキツイです。初日に2分割で登って、2日目の昨日は3度トライしましたが、140度に入って4手が最高でした。

耕平くんからは、『5.10a→5.10b→5.10cと登って、そこから5.10c→5.10bと戻って、最後に5.10d と連続して登って下さい』と言われております。確かにそれくらい登れたら、岩場で5.12は登れると思いますが、いつになるやら? 

尚、シエスタ6月のマンスリーは結局、1-8と11,12が登れました。8と9はやれば登れそうですし、今月はまだ1週間残っていますが、月末はパンプでクラブMTGだし、平日は外出のついでに他のジムに寄ろうと思っておりますので、多分、これで終了です。
[PR]
by rokko_club | 2012-06-24 07:41
<< ガレーラ クライミングジム b... スハラ クライミングジム by... >>